クレジットカード現金化アマゾンギフト券買取サイト特集

業者を利用してアマゾンギフト券を買い取りしてもらうまでの手順と、業者の選び方

アマゾンギフト券は、専門の業者によって買い取りしてもらうことが出来ます。
不要なアマゾンギフト券を売ることはもちろん、急に現金が必要になった際にアマゾンギフト券を利用して現金化させることも可能です。
今回は、実際にアマゾンギフト券を業者に買い取りしてもらうまでの手順、そして業者の選び方についてご説明します。

まずは、ウェブのフォームや電話から買い取りの申し込みを行いましょう。
フォームには、名前とメールアドレス、電話番号、買い取りしてもらうアマゾンギフト券の金額や番号などを入力し、送信します。
次に、運転免許証や各種保険証のデータを送信し、本人確認を完了させます。
その後はじめて業者によるアマゾンギフト券の確認が行われ、有効と確認された場合には指定した金融機関にお金が振り込まれます。

アマゾンギフトの買い取り価格は、換金率によって定められています。
例えば換金率90%の業者を利用して10,000円分のアマゾンギフト兼を買い取りしてもらうと、手元には9,000円が入ります。
換金率が93%であれば、10,000円分の買い取りで9,300円が入金されるという計算です。
つまり、少しでも高くアマゾンギフト券を買い取りしてもらうためには、換金率の高い業者を選ぶべきということになるのです。

アマゾンギフト券を買い取りしてもらう際に、業者に対して支払う手数料として、振り込み手数料が必要となる場合があることも覚えておきましょう。
振り込み手数料は、買い取りしてもらう金額によって異なる場合がほとんどで、少額な取引ほど手数料が高くなる傾向にあります。
振り込み手数料を一律無料としている買い取り業者も多く存在しているため、換金率の高さだけで業者を選択せず、手数料の有無についても確認して下さい。

取引が成立してから振り込みが完了するまでにかかる時間は、業者によって大きく異なります。
必要なタイミングで振り込みを受けられなければ、アマゾンギフト券を買い取りしてもらう意味がなくなってしまいます。
ですから、買い取りを依頼する前に、振り込みまでにかかる時間についても事前にしっかりとチェックしておきましょう。
振り込みまでの時間が短い業者の場合には、取引成立から最短で10分前後で振り込みを行ってくれます。

また、ゆうちょ銀行や楽天銀行といった銀行の口座を持っていれば、24時間振り込みに対応してくれる業者も存在します。
換金率が高く、24時間いつでも振り込みに対応してくれる業者は、非常に優秀な業者と判断することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です