クレジットカード現金化アマゾンギフト券買取サイト特集

種類が増えた電子マネー、どんな使い方が便利?

日本でも電子マネーが普及してきましたね。電子マネーのほとんどは非接触式という方式で、店員にカードを渡さなくても、読み取り機にかざすだけで支払いを行えます。ただ利便性が高いだけではなく、楽天EdyやSuicaであれば、ショッピングでお得にポイントを貯められます。
店舗によっては割引サービスを受けられるのも魅力的です。たとえば、イオングループが発行するWAONは、毎月20日や30日など、特定の日にイオン店舗で買い物の支払いに利用することで、購入金額から5%の割引を受けることができます。7&iグループで使えるnanacoも同様です。さらに、クレジットカードの中にはnanacoにチャージするだけでポイントが貯まるものもありますので、クレジットカードとnanacoのポイントを二重に獲得することができます。
ちょっと変わったところでは、ドン・キホーテが発行するmajicaがあります。これは、ドン・キホーテで1,000円以上のお買い物の支払いに利用すると、1の位が切り捨てられるというものです。具体的に言うと、1,188円の買い物をした場合、お支払い金額は1,180円になります。

いちいちチャージするのが面倒くさいという方には、後払い式電子マネーがおすすめです。ドコモの携帯電話でおサイフケータイとして利用できるiD、主にJCBをお使いの方が利用できるQUICPayがあります。これは、コンビニなどの店舗ではSuicaやnanacoなどの電子マネーと同様に、読み取り機に携帯電話・カードをかざすだけで利用でき、利用金額は後日、携帯電話またはクレジットカードと併せて請求されます。

クレジットカード同様に使える、携帯電話会社発行のプリペイド式電子マネーもあります。au WalletはMasterCardに、ソフトバンクカードはVisaに対応した店舗であればどこでも利用できる上に、高還元のポイントサービスを提供しています。

電子マネー選びで大切なのは、普段良く使う店が対応しているか、ポイントや割引を活用できるかということです。ぜひ、あなたに合った一枚を見つけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です